学生社 数学1000題 PART4[関数・三角比] 1991 矢野健太郎

今回紹介させていただくのは「学生社 数学1000題 PART4[関数・三角比] 1991」です。

著者は解法のテクニックなどでおなじみの矢野健太郎先生となります。


矢野健太郎先生の参考書は以前にも数冊紹介させていただいていますので、先生の紹介は割愛します。

以前の紹介はこちらからどうぞ。


本書は全1000題中の最終巻761題~1000題となっています。

内容は「関数・三角比」です。

シリーズ全1000題、本書でも240題とかなりのボリュームとなっています。

これはまえがきにもあるように教科書の性格上、ページ数などにより基本事項となる問題もバラエティ豊かに掲載することが出来ません。

そこで本書は教科書の欠点を補う為1000題と非常に多い問題数を掲載しています。

また編集に当たりいろいろな高校の先生方からの協力があったようです。


どのように240題が掲載されているのかを見てみましょう。

ヒントはありますが、びっしりと隙間なく次から次へと問題が並んでいます。

各問題には「基本」「無印」「発展」「難問」が書かれており、その問題の難易度が記されています。

基本的には難易度ごとに順番となっていることが多いですが必ずしもそうではありませんでした。

基礎となる基本の問題から順番に解き進めることで数学Ⅰへの理解が深まり、応用力を養うことができます。

理系文系限らず数学Ⅰは数学での基礎となる部分ですので、その基礎を勉強するのに十分な参考書となっています。

また、難易度が記されていることから自身がどこまで理解しているのかが容易に判断できる作りとなっています。


1000題残りのPart.1~3ですが、Part.4である本書も含めアマゾンなどでは販売されていませんでした。

既に絶版となっていることもあり入手することは難しいかもしれません。

まだオークション等への出品は見かけますが、入札数も多く、値段も上がっているようです。

やはり入手難易度は高いですね。

また、こういった入手難の希少本を発掘できましたら、紹介していきたいと思います。

次回更新もどうぞお楽しみに。

関連記事

  1. 代々木ゼミ方式 徳重の英語ポイント集PART3 1986 徳重久雄

  2. わかりやすい漢詩 山本哲夫 学燈社 1981

  3. 現代文解釈の基礎 新訂版 遠藤嘉基/渡辺実著 1991発行

  4. 研数書院 VITALS SERIES 英語発音の基礎 1968 緒方勲

  5. 大学入試むらき口語英語講義の実況中継 むらきひろし

  6. 駸々堂 幾何定理35で解く受験数学 1993 松下巌

  7. 祥伝社 奇跡の共通一次数学 どこが出るか、どう解くか 1982 入江伸

  8. SEG出版 SEG数学シリーズ 複素数 1994 小島敏久

  9. 東進ブックス 改訂版 高校大学完結編 英文法をもう一度最初から 1997 江藤正明

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト紹介

絶版参考書博物館

主に大学受験の参考書や問題集、教材で絶版となった書籍を紹介しています。王道からマニアックな参考書まで毎週、著者や内容、時代背景とともに紹介します。

カテゴリー

カレンダー

2018年6月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

月別アーカイブ

運営サイト紹介

PAGE TOP