旺文社 ルールとパターンの英文解釈 1994 伊藤和夫

今回は「旺文社 ルールとパターンの英文解釈 1994 伊藤和夫」の紹介です。

伊藤和夫のルールとパターンの英文解釈 大学受験Jランドブック(オンデマンド版)

伊藤和夫のルールとパターンの英文解釈 大学受験Jランドブック(オンデマンド版)

著者は以前にこちらで紹介させていただいた伊藤和夫です。

前回の記事はこちらです。


※追記:こちらはプレミアム価格が付いていた逸品でしたが、2018年に「[新版] ルールとパターンの英文解釈」として復刊しまして、価格が大幅に下落してしまいました(^^;)

https://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E7%89%88-%E…/…/4327764884

「英文和訳の十番勝負」はまだ復刊されていません。こちらはかなりのプレミアム価格です。

https://www.amazon.co.jp/…/47961900…/ref=la_B004L46BXQ_1_45…


それでは多くの受験生や予備校講師に影響を与え「受験英語の神様」とまで呼ばれる先生の著書の確認していきたいと思います。

この本は元々「旺文社のラジオ講座」で行われた40回の講義から作られたものです。

その為、シンプルな構成になっておりどなたでも入っていきやすいのがこの本の特徴です。この本で先生は「ルール」と「パターン」を頭に入れ、読者に英文を読むときにどこに着目すればよいのかを説いています。そしてそれははしがきの文中にもあるように必要な基本事項は驚くほど少ないと述べています。

こちらがそのパターンの一覧表の一部です。数学に公式があるように英語にも文章の骨子として読み解くものがあるということですね。

では、そのルールやパターンだけを覚えれば完璧かと言われればそうではなく、上記にも「理解することと、身につくことは別」とするように忘れた頃にもう一度学習し、何度でも読み返すことが最も有効な学習方法なのでしょうね。

上記の2枚が本書の問題ないようなのですが文中にルール7を思い出す…、とありますが一覧表に付箋などを貼りすぐに戻れるようにしてみると良さそうですね。本書全体として重要そうなものは頻繁に出てくる傾向にあるようです。

 

伊藤和夫のルールとパターンの英文解釈

伊藤和夫のルールとパターンの英文解釈

伊藤和夫のルールとパターンの英文解釈 大学受験Jランドブック(オンデマンド版)

伊藤和夫のルールとパターンの英文解釈 大学受験Jランドブック(オンデマンド版)

残念ながら本書は絶版になっており、2004年にはオンデマンド版も出たのですが、そちらもプレミア価格になっております。悔やまれる声が多いのでいつか重版されることを切に願います。

関連記事

  1. 徳間書店 即戦力をつくる記憶術 1987 渡辺剛彰

  2. 旺文社 雲幸一郎の数学ⅡB 解法攻略講座 大学受験DOシリーズ 2001

  3. 偏差値ぐんぐん 基礎強化 入試現代文 1998 森永茂

  4. ライオン社 だれでも解ける現代文の公式12 武石彰夫著書 1993年発行

  5. ごま書房 集中力がつく本 1981 多胡輝

  6. 啓林館 対話でつづる現代数学シリーズ 栗田稔

  7. 英語長文読解の王道 4解き方編 記述(要約・説明)問題のストラテジー 米山達郎

  8. 有限会社みき社  地上最強の英文読解 横山雅彦のロジカルリーディング全伝2015-横山雅彦

  9. 代ゼミ 化学(有機)有機化学 1982 大西憲昇

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト紹介

絶版参考書博物館

主に大学受験の参考書や問題集、教材で絶版となった書籍を紹介しています。王道からマニアックな参考書まで毎週、著者や内容、時代背景とともに紹介します。

カテゴリー

カレンダー

2017年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

月別アーカイブ

運営サイト紹介

PAGE TOP