奇跡の高校数学Ⅰ 入江伸

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

本日紹介させていただく参考書はこちらになります。

「教室では学べない数Ⅰ解法のコツ 奇跡の高校数学Ⅰ 」

発行元の出版社は祥伝社、表紙にでかでかと謎のキャラがのってますが、「のんた」という熊だそうです。

著者は入江伸先生、教職を去られた後に始めた通信教育の添削の指導が評判となり、その評判を聞いた生徒数人がが椅子や机などを入江先生の自宅に持ち込んだことから、伸学社という学習塾をスタートされました。

通称「入江塾」とも呼ばれる学習塾です。

相当なスパルタ教育で体罰なども公然と行われていたようで当時としても賛否両論あったようですが、指導の成果は如実に現れ灘高から東大への進学率ナンバー1を誇りました。


灘高→東大合格率ナンバーワン 伝説の入江塾は、何を教えたか

灘高→東大合格率ナンバーワン 伝説の入江塾は、何を教えたか

そんな入江塾について綴られた著書も出版されています。

かつて通っていた生徒さんからは「もう二度と行きたくない」という声も散見されましたが、そんな生徒さんも最後には感謝の言葉で締めくくられており、いかに凄かったが伺い知れます。


本書の内容にざっくり触れてみますと、「なぜ、足し算はやさしいのか?」という割と初歩的な疑問を持った三郎くんと武男くんが、

二人から先生と呼ばれる「いつも上機嫌なおじさん」に質問に行き、

色々問題を解いているうちに、

最終的に慶応大学・医学部の入試問題が解けるという、三郎くんと武男くんの凄まじいレベルアップが伺えるストーリー形式の内容になっています。

「人間7分、学力3分」という信念のもと、謙虚・貪欲・明朗という人格や内面の教育に重きを置かれていた入江先生ですが、人間が成長していく姿を好ましく思っておられた教育者だと感じます。

 

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

  1. 開拓社 英文解釈要約精講 1988 峯村純一郎、竹内一誠、相原仁郎

  2. 歴史春秋社 日本史の何故がわかる 総ふりがな なぜなぜ日本史 菊地昌美

  3. 角川書店 2003年版 鉄緑会 東大数学問題集

  4. SEG出版 数学総集闘う50題(’94~’00) 2001 小島敏久

  5. 美誠社 日本語から英語へ 高校生の演習英作文 高梨健吉

  6. 日本英語教育協会 ナウな英語らしい表現12章 岩田一男

  7. 中経出版 数学が思わず好きになってしまう本 2002 丑田俊二

  8. 中央図書出版社 着眼と考え方 現代文解釈の基礎 新訂版 遠藤嘉基/渡辺実著 1991発行

  9. 昇龍堂出版 詳解 日本史 1965 谷口五男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

月別アーカイブ

運営者

株式会社ブックスドリーム

株式会社ブックスドリーム

参考書・予備校テキスト、教科書・専門書・医学書を専門に買取・販売しています。 インターネットからの申し込みで全国送料無料で買取。ご希望の方には段ボール無料送付サービスもしています。

プロフィールを表示 →

運営サイト紹介

PAGE TOP