奇跡の高校数学Ⅰ 入江伸

本日紹介させていただく参考書はこちらになります。

「教室では学べない数Ⅰ解法のコツ 奇跡の高校数学Ⅰ 」

発行元の出版社は祥伝社、表紙にでかでかと謎のキャラがのってますが、「のんた」という熊だそうです。

著者は入江伸先生、教職を去られた後に始めた通信教育の添削の指導が評判となり、その評判を聞いた生徒数人がが椅子や机などを入江先生の自宅に持ち込んだことから、伸学社という学習塾をスタートされました。

通称「入江塾」とも呼ばれる学習塾です。

相当なスパルタ教育で体罰なども公然と行われていたようで当時としても賛否両論あったようですが、指導の成果は如実に現れ灘高から東大への進学率ナンバー1を誇りました。


灘高→東大合格率ナンバーワン 伝説の入江塾は、何を教えたか

灘高→東大合格率ナンバーワン 伝説の入江塾は、何を教えたか

そんな入江塾について綴られた著書も出版されています。

かつて通っていた生徒さんからは「もう二度と行きたくない」という声も散見されましたが、そんな生徒さんも最後には感謝の言葉で締めくくられており、いかに凄かったが伺い知れます。


本書の内容にざっくり触れてみますと、「なぜ、足し算はやさしいのか?」という割と初歩的な疑問を持った三郎くんと武男くんが、

二人から先生と呼ばれる「いつも上機嫌なおじさん」に質問に行き、

色々問題を解いているうちに、

最終的に慶応大学・医学部の入試問題が解けるという、三郎くんと武男くんの凄まじいレベルアップが伺えるストーリー形式の内容になっています。

「人間7分、学力3分」という信念のもと、謙虚・貪欲・明朗という人格や内面の教育に重きを置かれていた入江先生ですが、人間が成長していく姿を好ましく思っておられた教育者だと感じます。

 

関連記事

  1. 現代数学社 数学の盲点とその解明 MaxとMinに泣く 1979 初版 石谷茂

  2. 旺文社 高英ゼミ 重要イディオムの整理と活用 多田幸蔵著

  3. 内田老鶴圃新社 微分と積分の基礎2 微分応用編 金田数正著 1980年発行

  4. 東進ブックス 改訂版 高校大学完結編 英文法をもう一度最初から 1997 江藤正明

  5. 草思社 メキメキ力がつく受験英語の集中講座 1987 宮崎尊

  6. 東京出版 大学への数学 理系・新作問題演習 山本矩一郎他

  7. 学術図書出版社 高校くわしい生物1955 永野為武

  8. 学習研究社 有坂誠人の現代文速解 例の方法 有坂誠人 1987

  9. ベストセラーズ 試験時間に勝つ!パーフェクト英文解釈 1982 林修正

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト紹介

絶版参考書博物館

主に大学受験の参考書や問題集、教材で絶版となった書籍を紹介しています。王道からマニアックな参考書まで毎週、著者や内容、時代背景とともに紹介します。

カテゴリー

カレンダー

2017年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 

月別アーカイブ

運営サイト紹介

PAGE TOP