東京出版 大学への数学 東大入試 46年の軌跡 CD-ROM版 2004

本日は「東京出版 大学への数学 東大入試 46年の軌跡 CD-ROM版 2004」を紹介させていただきます。

おなじみ『大学への数学』の増刊号であります『入試の軌跡』シリーズ。
当ブログでも過去に『入試の軌跡 京大』を紹介させていただきました。

東京出版 大学への数学 入試の軌跡-京大-黒木正憲

今回の記事は、その『入試の軌跡』のCD-ROM版です。


冊子版では過去10年間の入試の軌跡が描かれていましたが、こちらCD-ROM版はなんと46年
紙媒体では不可能な圧倒的なデータ量を引っさげて現れたCD-ROM版は、パソコンならではの機能も充実しています。

東京出版の公式サイトに詳しい画像がありましたので、あわせて見てみましょう。

紙媒体では大変な「検索」は大きな強みですね。
また、「発想力」「処理力」など問題のカテゴリー別表示もできるようになっており、
気になる分野の問題だけを選んで解くこともできるようです。

 

 

 

 

 

 

さて、このCD-ROM版は「京大版」と同時発売されました。

どちらも1958年~2004年の過去問が収録されているのに、
東大が「46年の軌跡」で、京大が「47年の軌跡」というのはちょっと不思議ですね。

今の受験世代には遠い「歴史」の話になるかもしれませんが、
実はこの期間中、東大入試は一度だけ中止されたことがあったのです。

こんな映像は見たことがあるかもしれません。
1969年、東大医学部の待遇改善運動から拡大した学生運動は、ひろく大学運営の民主化をスローガンに「東大紛争」へと発展し、一部の学生はバリケードを築き、東大の象徴である安田講堂に「籠城」しました。

機動隊による突撃と放水という「攻城戦」の結果、武装解除に至りましたが、この影響により1969年の東大入試は中止となりました。

当時、東大志望の多くの受験生は浪人を余儀なくされ、社会に大きな影響を及ぼしました。

東大はこれを機に入試改革を決断。
一次試験を3教科から5教科に増やす一方、二次試験の教科を減らすかわりに論述式を採用しました。
この傾向は1979年の共通一次試験、1990年のセンター試験にも応用されています。

共通一次からセンター試験への改革は、大学が闘争の現場となった衝撃から生まれたのでした。
「東大紛争」がセンター試験のルーツになっている、と考えると、そう遠い出来事のようには思えないように感じますね。

「46年の軌跡」の空白の1年とは、大きな意味をもった1年間だったのです。

関連記事

  1. 代ゼミ 中畑のインテグラル英文読解S Vol.1 1998 中畑佐知子

  2. アルファベータ 真島の英語200構文徹底講義 1994年 真島譲二

  3. 知らなきゃ差がつく英単語 へんとつくりの正しい理解 1984 長崎玄弥

  4. SEG出版 大学入試数学問題集 10日間の微積分 1998 光田義

  5. 中経出版 中澤一のリーズニング講義 偏差値60以上の英語長文特訓 1999

  6. 三省堂|新講 数学Ⅰ(改訂版) 赤摂也

  7. 合格王のミラクル数学[微分・積分編] 1995 安本肇

  8. ごま書房 ヘンな数学 第7版 1974 仲田紀夫

  9. 山川出版社 世界史の焦点 1972 青山吉信・石橋秀雄

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト紹介

絶版参考書博物館

主に大学受験の参考書や問題集、教材で絶版となった書籍を紹介しています。王道からマニアックな参考書まで毎週、著者や内容、時代背景とともに紹介します。

カテゴリー

カレンダー

2017年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

月別アーカイブ

運営サイト紹介

PAGE TOP