ライオン社 熱血講義だ全員集合!! 川田流 英語のツボ 2005 川田拓也

当ブログにお越しいただきありがとうございます。 今回はこの書籍を紹介させていただきます。

2005年にライオン社より発行された「熱血講義だ全員集合!! 川田流 英語のツボ」です。

本書には英文を読む上で知っていると非常に役立つ知識をまとめたツボが詰まっています。そのツボを英文3題に対して、160ページというボリュームで細部にわたって解説されています。また、速読ではなく、じっくり考えながら読むことで、深い思索の大切さも学べる良書となっています。

著者は川田拓也先生です。

川田先生は学生時代は札付の不良でした。9歳の頃、通訳官の叔父から学んだ英会話と高校時代の悪行により、強制的に送られたアメリカで他の参考書や辞書に記載されていない英語の要領を身につけました。帰国後は早稲田大を卒業し、東大を中退、バーテン、パチンコ店員、キャバレーの客引きなどの仕事を転々としていくという波乱万丈の人生を送っています。その後は早稲田予備校にて教鞭を揮うこととなり、その傍ら小説家としても活躍し才能を発揮されています。

そして、本書は川田先生がアメリカで学んだ独自の英語の要領から獲得したいくつかのコツを執筆したものになります。


では、内容の紹介に入らせていただきます。

こちらはまえがきの部分になります。

本書は川田先生の紹介でも書きましたが、先生が不良時代にアメリカで学んだ英語の要領である①多読②何事によらず深く思索するを3題の英文を用いて伝授するためのものと書かれています。 たった3題の英文でも一行一行を熟読し、真剣に感受し、思索していけば「使える言葉」の発条を強化できるとのことです。

 

こちらは目次の部分になります。 本書の利用方法として各マークがどのような意味を持っているかを丁寧に書かれています。ここまで細かく書かれていると、3題を解説するのに160ページ使うというのもわかりますね。

 

こちらは英語学習の七つの心得になります。

このように英語学習をする上で気をつけていくポイントを実体験を絡めつつ教えてくれます。 また、推薦書もあわせて紹介してくれていて、やはり細かく丁寧に書かれていますね。

    

こちらは一つ目の英文の解説の一部になります。 まずはじめに英文が記載されており、そこから目次の本書の使い方であったマークでコツやポイントが丁寧に解説されているのがわかります。


今回、紹介させていただきました「熱血講義だ全員集合!! 川田流 英語のツボ」はいかがだったでしょうか?

本書は内容も、著者の体験談を交えており、面白く読ませてくれます。また、速読せずにじっくり深く思索をし、読み進めれば必ず英文を正確に読む力が身につきます。 この本は、英語を学ぶ上で大切なことがぎっしりと詰まっています。

大学受験用に作られたものですが、著者の川田先生が通訳官の叔父やアメリカで学んだ生の英会話を理解するための要領を学べる内容ですので、本格的な知識を得たい人は、是非一度見ていただきたいです!

関連記事

  1. 奇跡の英文法 暗記無用、ラクラク入試英語征服術 1976 長崎玄弥

  2. 旺文社 共通一次シリーズ⑧ 傾向と対策 共通一次 日本史 57年版  都立西高教諭 毛利和夫著

  3. 東進ブックス 永田達三の「英文法」に強くなる実況放送(上)(下) 1992 永田達三

  4. SEG出版 SEG数学シリーズ11 微積分講義 1994 光田義

  5. 歴史春秋社 日本史の何故がわかる 総ふりがな なぜなぜ日本史 菊地昌美

  6. 清水書院 徹底学習 日本史の完成 時野谷勝

  7. 教育社 難問題の系統とその解き方 物理 1976 服部嗣雄

  8. 角川書店 2003年版 鉄緑会 東大数学問題集

  9. 駿台文庫 思考する英文読解 入不二基義

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト紹介

絶版参考書博物館

主に大学受験の参考書や問題集、教材で絶版となった書籍を紹介しています。王道からマニアックな参考書まで毎週、著者や内容、時代背景とともに紹介します。

カテゴリー

カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

月別アーカイブ

運営サイト紹介

PAGE TOP