三省堂 数学バイパス1 微分のひみつ 1978 黒田俊郎

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

本日紹介するのは「数学バイパス1 微分のひみつ」す。

著者は黒田俊郎さんです。

本書は「分数を知らなくても微分がわかる」といったキャッチフレーズがあります。


数学での教育について書かれています。

この画像の続きには

「高校生になっても1/2+1/3=2/5という計算をする生徒がいるので話にならない、という先生がいるが、私は方法はあると思う。そういう生徒に、小学校の教科書からやり直させようとしても成功しないだろう。それは生徒の自尊心を傷つけるからだ。

 そのためには、小学校ではやらなかった新鮮な教材をぶつけてみることだ。そうすることによって、生徒たちにやる気を起こさせることができる。

 数学は系統的な学問ではあるが、決して単線の一本道ではなく、もっと融通のきく複線道路になっている。そういう道路を開拓してやる必要があるし、またそれは十分可能なことである。

 これは、そういうねらいをもった意欲的な本である。」

と続きます。

「落ちこぼれ」「落ちこぼし」

当時の数学での教育方針に対して苦言を呈されており、その対処方法まで提案されています。


中身を見てみると、イラストを交えながら解法が数パターン書かれています。

当時の学校教育では一つの解き方を教え、それ以外は間違えだという教え方が当時は色濃かった様に思います。

それに対して本書では数パターンの解法を説明することで、考え方の幅を広げようとしているのだと思われます。

またイラストが多く載っているのも数学が苦手な人にとっては入りやすいつくりとなっています。

もちろん現在では解法について数多く証明されており解答に至る道は多数あるといった教育に変わってきています。


何度か改訂版が出版されています。

また微分だけでなくシリーズで積分や幾何、行列などもありますので興味を持たれた方は是非ご覧になってみて下さい。

一度ついてしまった数学に対する苦手意識を払拭するのは大変だと思いますが、本書を入門編としみてはいかがでしょうか。

数学が苦手な方だけでなく、数学が苦手なお子さんや生徒さんの教え方に困っている方にもおすすめの一冊となっています。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

  1. 旺文社 蛍雪時代 1946年

  2. 風濤社 反数学教育論 なぜ数学を学ぶのか 1977 土師政雄

  3. 駿台文庫 東大京大受験必修 数学の図形問題演習 ’89 上田惇巳

  4. 大学入試英文読解のナビゲーター 研究社出版 奥井潔著

  5. 研究社 フロンティア英文法 Frontier 1994 町田健

  6. 奇跡の英文法 暗記無用、ラクラク入試英語征服術 1976 長崎玄弥

  7. 有限会社みき社  地上最強の英文読解 横山雅彦のロジカルリーディング全伝2015-横山雅彦

  8. 三省堂 新英文法 第2版 1978 岩田一男

  9. 数列と行列が面白いほどわかる本1997 細野真宏

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別アーカイブ

運営者

株式会社ブックスドリーム

株式会社ブックスドリーム

参考書・予備校テキスト、教科書・専門書・医学書を専門に買取・販売しています。 インターネットからの申し込みで全国送料無料で買取。ご希望の方には段ボール無料送付サービスもしています。

プロフィールを表示 →

運営サイト紹介

PAGE TOP