図説超合格術大学合格のための学習プランと心理テクニック ’95 有賀悠

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

今回紹介する本は、PHP研究所の『図説超合格術大学合格のための学習プランと心理テクニック』です。

IMG_1915_R

「受験」というと毎日1歩ずつコツコツ進んでいくしかありませんが、どこから手を付けていいのか分からない・・・そんな方に向けてのノウハウがぎっしり詰まっています。

 

書かれたのは有賀悠先生でこんなスーパーエリートな経歴を持っています。

・東大京大ダブル合格、慶応大文系、早稲田大文系理系合格

・国家公務員一種(上級職)、東大大学院合格

・東大薬学部卒業と同時に東大理三(医学部医学科)合格、薬剤師試験合格

 

h1_1

東大・京大ダブル合格というと、どうやってするんだ!?と今では思ってしまうのですが、1987,1988年はそれが可能だったのです。

当時はA日程(現在の前期)とB日程(現在の後期)があり、合否に関わらず両方を受験し、両方合格することができたのです。ですので、A日程で東大を受験し、B日程で京大を受験、両方で合格するといったことも可能でした。

現在は前期で合格し、後期も受ける場合は前期の合格を辞退する必要があるため実質不可能となっています。

 


IMG_1916_R

少々見づらいかもしれませんが中を見ていきますと、「合格スケジュールの作り方」や「何はともあれ、まずカコモン」といった受験に向けての時間の使い方や取り組み方が記されています。

 

受験に挑むにはまず意識を変えることがスタートということですね・・・!

 

 


41dIPTVJTCL._SX337_BO1,204,203,200_

有賀悠先生の自己啓発本ですが、他にも絶版貴重本といえばこれとも言えるお馴染みの「スーパーエリートの受験術―キミにもできる」という本も執筆されており、絶版状態で価格数万円とかなり高騰しています。

 


ちなみに有賀悠は実はペンネームで本名は「下村直樹」と言い、現在は医師をしているそうです。

そして、「スーパーエリートの受験術」には実は2種類あるんです。

E382B9E383BCE38391E383BCE382A8E383AAE383BCE38388E381AEE58F97E9A893E8A193-thumbnail2

 

知っていましたか!?

この「改定新版」ですが、著者の許可なく発行されたという噂がある少々いわくつきの書籍なのです。

また、有賀悠先生もこの時代に受験関連本を執筆していたことを現在では大変恥じていて、頑なに復刻を拒んでいるため絶版状態となっているそうです。

 

lgi01a201409260800

 

しかし、国立国会図書館で貸出やコピーがとれるといったサービスがあるようなので内容が気になる方は利用してみてはいかがでしょうか?

 


 

「スーパーエリートの受験術」に関しては以下のページでも紹介しています。

 

鹿砦社 君にもできるスーパーエリートの受験術 1995 有賀ゆう

 

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

  1. 研文書院 大学への世界史の要点 1987 大久間慶四郎

  2. 日本放送協会 NHKラジオ高校講座 数学基礎 2005 秋山仁

  3. 有精堂 語源を中心とした英単語の力のつけ方 1976 小川芳男・前田健三

  4. リック出版 タイの尻尾よりゴキブリの頭 1985 初台総合研究所+酒井狂平

  5. 奇跡の英文法 暗記無用、ラクラク入試英語征服術 1976 長崎玄弥

  6. 中経出版 東大銀杏学舎の面白いほど受かるシリーズ 現代文 SOS 上巻(修得編)下巻(演習問題編)超…

  7. 代ゼミ 中畑のインテグラル英文読解S Vol.1 1998 中畑佐知子

  8. 研文書院 大学への日本史 1973 安藤達朗

  9. 代々木ライブラリー 富田のビジュアル英文読解 内容一致問題Ver.2 1998 富田一彦

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2016年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別アーカイブ

運営者

株式会社ブックスドリーム

株式会社ブックスドリーム

参考書・予備校テキスト、教科書・専門書・医学書を専門に買取・販売しています。 インターネットからの申し込みで全国送料無料で買取。ご希望の方には段ボール無料送付サービスもしています。

プロフィールを表示 →

運営サイト紹介

PAGE TOP