旺文社 蛍雪時代 1946年

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

本日は受験生の皆様よくご存知の受験雑誌、旺文社の「蛍雪時代」紹介させて頂きます。

愛読者の方には今更…と思われるかもしれませんが、実は「蛍雪時代」は歴史が長く、日本で最も古い受験雑誌であることをご存知でしたでしょうか。

こちらは見慣れた現代の「蛍雪時代」ですね。

最新号

こちらは1946年と1950年代発行の「蛍雪時代」です!手書きイラストの表紙に味があります!

雑誌タイトルの「蛍雪」が「蛍雪の功」に由来しております。過去に「旺文社 螢雪時代緊急別冊 佐久間のシスティマティック出す熟588 入試英語熟語の徹底対策 1998年7月 佐久間治」を紹介させていただいた折に詳細を記述しておりますので、こちらも合わせてご覧いただけましたらと思います。

現代ではなかなかそのような状況はないとはいえ、勉学に勤しむ受験生を応援する雑誌としてぴったりなタイトルと言えるでしょう。

「蛍雪時代」も1932年の創刊から1970年代頃まで、大きな予備校などがなかった時代の受験生たちにとっては貴重な情報源であり、まさに蛍の光にも等しい存在であったといいます。

創刊当時「受験旬報」という名前で発行していた初期の「蛍雪時代」についてはこちらの記事でもご紹介しております♪

上記の画像でも確認できるように、受験科目以外にも随筆や時事情報なども掲載されていました。短歌や俳句、詩の投稿コーナーもあったといいますから、幅の広い教養的な側面も持ち合わせていたようです。

こちらの投稿欄にはかの有名な寺山修司も常連だったらしく、後に著名となる他の文学者も数多く名を連おり、文化的な質の高さがうかがい知れます。

もちろん、実用的な受験問題対策も掲載されております。

目次をみても、具体的な受験対策や大学関係者からの情報、また内面的なテーマなど多岐にわたるトピックが取り上げられています。「個性とは何か、どうして伸ばすか」「職業の選択」など、昔と今でも若者の悩みは変わらないことがわかりますね。 また、当時の学生達の様子が写真で掲載されており、当時の受験事情の史料としても興味深いものがあります。

時局をより反映する雑誌という形態だからこそ、当時のリアルな受験事情を知ることができる貴重な書籍となっています。

 

 

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

  1. 研究社 ドクター市橋の英文法クリニック 偏差値が70になる 1987 市橋敬三

  2. 青春出版社 試験にでる英文解釈/英文法 森一郎

  3. 啓林館 対話でつづる現代数学シリーズ 栗田稔

  4. 大学入試 1問1答 英文法初級問題集 ’91 山田弘

  5. 学習研究社 学研LLパック NHK基礎英語 1974 カセットテープ8本付 大野一男

  6. 東京出版 大学への数学 東大入試 46年の軌跡 CD-ROM版 2004

  7. 中経出版 数学の論証力・答案作成力が面白いほど身につく本 2007 佐々木隆宏(大沢隆)

  8. SEG出版 入試数学闘う50題 小島敏久 米谷達也

  9. 三省堂 新英文法 第2版 1978 岩田一男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別アーカイブ

運営者

株式会社ブックスドリーム

株式会社ブックスドリーム

参考書・予備校テキスト、教科書・専門書・医学書を専門に買取・販売しています。 インターネットからの申し込みで全国送料無料で買取。ご希望の方には段ボール無料送付サービスもしています。

プロフィールを表示 →

運営サイト紹介

PAGE TOP