デバグ 数学セミナ 数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・・・∞ 学生社 小針晛宏

本日は「デバグ 数学セミナ 数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・・・∞」の紹介です。CIMG4700_R

「デバグ」・・・?

どういう意味?かと不思議に思い、表紙をめくると・・・

CIMG4703_R

今だと、ゲームが好きな方なら「デバッグ」と言えば通じますね。

時代を感じます。

22973001164

この本が刊行されたのは、1969年(昭和44年)です。学生運動が盛んなころに発行されているため、その頃に青春時代を過ごした方や、興味のある方には数学書としての部分を除いても文章だけで楽しめると言われるくらいの内容になっています。

高校までの数学を登場人物の対話形式で解説されていますが、著者曰く

「高校数学のカリキュラムを無視して独走し、全然頼りにならないおしゃべり数学を目指した」そうです。

登場人物が、「大阪船場のいとはんのおせんちゃんと番頭の千蔵」や、「オキャン娘と家庭教師の大学生」など、結構キャラが立っていて楽しめます。

CIMG4702_R

独特な台詞まわしで、かなり個性的です。

そこで、著者の小針晛宏さんは京都大学の助教授の在任中に39歳の若さで亡くなられた数学者。書評を見ると、かなり「変人」の文字がいい意味で踊っています。

CIMG4706_R

かなりユーモアのある文章を書かれる方ですね。

後に「数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・・・∞ 高校からの数学入門」としてリファインされて1996年に再販されていますが、

41J7J3ZE04L

再版の時代に合うように文章が修正されてしまっているため、このデバグの文章を読みたくて探している方も多いと聞きます。

1冊の数学書として、みた時には数学の理論を順を追って説明する訳でもなく、増してや問題集としての機能もないので、数学力がつくわけでもないのです。

しかし、この本が愛されて止まないのは「何となく数学が好きになり、世の中が少しだけ明るくなる本」であるからではないでしょうか?

再版版の上記の本は、現在は受験参考書ではなく理工学書のコーナーにあるようです。

いろんなヒントがちりばめられたこの本、一度手にとって見る価値のある一冊だと思います。

 

関連記事

  1. 山川出版社 世界史の焦点 1972 青山吉信・石橋秀雄

  2. 三省堂 楽しく読める気のきいた参考書 キュート数学Ⅱ 遠山啓著 1971

  3. 蹴ちらせ!! 灘・開成!! ド田舎から東大理Ⅲ、現役合格 市川弘 1992

  4. 代ゼミ 5日間集中講義 吉川のベイシック英語 1991 吉川勇一

  5. SEG出版 SEG数学シリーズ11 微積分講義 1994 光田義

  6. 現代数学社 数学の盲点とその解明 MaxとMinに泣く 1979 初版 石谷茂

  7. 旺文社 解法すいすい理解 数学Ⅰ 1986 渡辺次男

  8. 代々木ライブラリー 代々木ゼミ方式 武井の世界史500選シリーズ①~⑤ 武井正教

  9. 光文社 英絵辞典 目から覚える6000単語 1968 岩田一男 真鍋博

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト紹介

絶版参考書博物館

主に大学受験の参考書や問題集、教材で絶版となった書籍を紹介しています。王道からマニアックな参考書まで毎週、著者や内容、時代背景とともに紹介します。

カテゴリー

カレンダー

2016年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 

月別アーカイブ

運営サイト紹介

PAGE TOP