東進 永田達三の英語の神髄 -基礎-構文解釈法講義

本日は「東進ハイスクール 永田達三の英語の神髄 -基礎-構文解釈法講義 ’04」の紹介です。

CIMG6248_R

2004年当時、東進ハイスクールで実際に使用されていたテキストになります。

 


講師は永田達三先生です。

458487_188

東京外語大に現役合格で入学しましたが、大学の授業内容に失望し19歳で単身ロンドンへ渡り勉学に励んでおりましたが、ロンドンで浮浪者となり、(オックスフォード大卒の浮浪者から生きていくための英語を学びました。
そんな永田達三先生は帰国後に早稲田法学部へ入学され、
卒業後は早稲田ゼミナールなどで教鞭を取っておりましたが、東進ハイスクールの設立 と同時に移籍、またご自身でも永田塾(後にLoys)を設立されました。

cjdcsz5umaabfj2-jpg-large

こちらは38歳の時の永田先生のインタービュー記事です。

とても38歳には見えない(失礼

鬼気迫るといった表情をされています。

 

ちなみに、現在受験サプリの講師をされている伊藤賀一先生は、教科は違いますが永田塾で教鞭をとっておられ、永田先生の教えを受けた講師です。

伊藤賀一先生によると「初任給は何と3万円、ある月に試しにタイムカードを打ってみたら、512時間勤務していました」ということです。

さすが「無茶苦茶だったけど凄い」と言わしめるだけのことはありますね。

 


東進ハイスクールでは主にハイレベルの講義を担当していましたが、

チロリロリン」・「パンパカパン」をはじめとした自作用語の乱発や言語学の研究者だけあって難解なワードを使用することから講義に慣れるまで時間がかかる一方、ファンも多く講義中の雑談で「人生観や価値観が変わった」などの声も多数ある、非常に魅力的な先生でした。

また、当時の東進では以前に当ブログで紹介した滝山(瀧山)敏郎先生も教鞭を執っていました。

東進 滝山敏郎の難関大総合英語速読速解法

 


CIMG6249_R

「反復と対比」「認識表現」「時事表現」「話題名詞の抽出による内容把握」など、幾つかの読み方の基本があると教えています。

 

例えば文章中に”but”を探す(文字として書かれていなくても)必要性を説き、其れが筆者の主張を示すと解説しています。

 

 

また、授業で得た内容は大学入試だけではなく、「社会に出てから役に立った」などの声も多く、まさに「英語の神髄」を学べる講義内容だったとのことです。

 


nagata1

nagata2

その証に、伝説の講義を収めたVHSは中古市場で超が付くプレミア品です!!

s-daigram2

とても興味のある講義ですね!

残念ながら現在は引退されているとのことです。

 

CIMG6252_R

 

難解ではありますが記憶に残る印象的な講義をされていたので、「永田信者」は今でも多数いらっしゃり、関正夫先生も永田達三先生の影響を受けています。

当時の講義を受けていた皆様には当テキストはとても懐かしい物ではないでしょうか??

 


 

永田達三先生のテキストは「句と節の理解 前置詞特講」も紹介しています。

東進 句と節の理解 前置詞特講 永田達三

関連記事

  1. 代々木ライブラリー 今井の英文法入門―代々木ゼミ方式 2004 今井宏

  2. 代ゼミ 基礎数Ⅰ・ⅡB 1982 春期 田島稔

  3. 東進 新スタンダード世界史 田中拓雄

  4. 毎日新聞社 サンデー毎日 5/23増大号 2004

  5. 東進ブックス 改訂版 高校大学完結編 英文法をもう一度最初から 1997 江藤正明

  6. 駿台 日本史A(上)(下)日本史B私大対策日本史テーマ別 1987

  7. 旺文社 大学入試 傾向と対策9 基礎解析 1993 長岡亮介/長岡恭史

  8. 東進 滝山敏郎の難関大総合英語速読速解法

  9. 栄光 田村の現代文記述問題解説 2002 田村秀行

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト紹介

絶版参考書博物館

主に大学受験の参考書や問題集、教材で絶版となった書籍を紹介しています。王道からマニアックな参考書まで毎週、著者や内容、時代背景とともに紹介します。

カテゴリー

カレンダー

2016年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別アーカイブ

運営サイト紹介

PAGE TOP