河合出版 河合塾シリーズ 入試数学 諸橋の数Ⅰ講義 1992 諸橋実

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

いつもお越しくださっている皆様、いつもありがとうございます。
初めてお越しくださった皆様、はじめまして。
本日も、当社で発掘できた絶版参考書の中から選りすぐりの良著をご紹介させていただきたいと思います。
最後までどうぞおつきあいくださいませ。
本日、紹介いたしますのは

諸橋の数I講義 (河合塾シリーズ)

「河合出版 河合塾シリーズ 入試数学 諸橋の数Ⅰ講義 1992 」諸橋実(著)でございます。
  • 単行本: 452ページ
  • 出版社: 河合出版 (1992/07)
  • ISBN-13: 978-4879990815
  • 発売日: 1992/07

今から25年前に発行されています。

以前に紹介いたしました「河合出版 理系数学の原点 vol.3 1998」からも6年前に発行されています。参考までにリンクも貼り付けいたします。

詳しい経歴紹介等については、前回ブログに譲るといたしまして諸橋先生のお写真も掲載させていただきます。

もちろん、今回紹介させていただく著書掲載のものですので1992年付近のものだと思われます。


それでは、いよいよ本書の内容へ移ります。

ここでも登場いたしますね。「自分の証明したことのない公式は使うな!!」

これは、意外なチェックで、まず「自分に何が欠落しているか」がハッキリわかる。そして「その証明」を確認することで「なぜその公式が必要か」を考えるようになり、「その公式の諸問題」「見える」ようになる。

とあり、「計算」や「証明」は、氷山の一角にすぎず、説得力のある答案を書けるようになるためには「表面下にたくわえられた力」に大きく依存するもののように思われる。と述べられています。

前回ブログでも数学が苦手な人には難解な指導でも、理由の解説を確認すると納得できますね。


ここで、以前にも紹介したイマイチの人全員集合!より9月に突入する際の予習の仕方について、レクチャーされていましたのでご紹介しておきます。

「最初にお断りしておきますが、参考書の紹介としては少し残念な記述がございますが、先生のご意見ですので原文のまま引用させていただくます。」

実力をつけるには予備校のテキストがよい.なにせ「答」がついていない.そこがよいのだ.はじめから終わりまで君が責任を取らねばならないからだ.
まず大学ノートを用意して、1題あたり1ページを割く.足りないところはレポート用紙に書いて貼り付ければ良い.そこで1題ごと、その内容をシッカリ読んで、その概要をつかんでから解答に取り掛かる.このとき決して「ナマ」であってはならない.具体的には以下に説明する.
 解けた問題の扱い
これらには「バツ印 」をつけてこれはもう 一生見ない」 ことにする.
そこまでキッチリとツメておかなければならない.これは授業のときにやる.2学期は1学期とちがってノンキに復習などをする時間がないから、ここで復習も同時にやってしまう.
★ 解けない問題をどうするか.
少なくとも1時間くらいは自分で悪戦苦闘をしてみる.そうすると、その問題の構造や本質が見えてくる.時には「こんな計算、やるのかよ」と思うときもあるだろう.
そういう時でも「やりぬく」のです.それが現在ただいまの君の実力だから仕方がない.
いよいよダメなら、これに「マル印 」をつけて残す.この日は次の問題にかかる.
このとき、安易に解答を見たり他人に訊いたりしてはならない.それをやれば何もかも「ああそうか」で終わってしまい、「実力をつける」という目標が空回りしてしまう.
その1時間で「見えない」ときはその日は棚上げにする.そして、次の日も1時間だけ本気で戦うのだ.次の日も、また次の日も.そういうことを続けていると、君はその問題と特別な関係になる.ここからが「本当の勝負」なのです.そういうことに慣れてほしいのです.
実際、答案というものはなかなかウマクは書けない.2回書いても同じに書けるものでもない.論理構成、やその展開が相手にストレートに伝わるにはそれなりの説得力が求められるが、そうなるにはかなりの訓練をしなければならない.理想的には何回も書き直しても同じになるくらいのレベルを目指して精進するしかない.
そして、それはどの科目にも要求されることであり、実際に仕事の現場でも求められる基本的な能力ではないかと思うのです.頑張れよ.辛い思いをした分だけ君の人生は太く豊かになる.この爺さんが言うのだから間違いはない、

とても、参考になるご意見だと思いましたので紹介させていただきました。それでは、本著の紹介に戻ります。


目次から

全5章から構成されています。次に本編の第一章のさわりを紹介させていただきます。
最も基本的だが、最も難しい
後に回してもよい、との記述に目が奪われました。講義と違い、学生が興味のあるところから始め、振り返ってもよいというのはモチベーションが喚起されますね!

さてここで、最後に試験に向けて諸橋先生のブログから励ましのお言葉を紹介させていただき、結びの言葉としたいと思います。

では、どうぞご覧ください。

センターはどうやら越えられたかな.
いろいろあったでしょう.でも顔をあげてまっすぐ前を見ること!
うまくいった人はそれで良い.まっすぐに進みなさい.
昔、こんなことがありました.
ある医学部を目指した受験生がセンター試験で600点そこそこしか取れなかった.しかし、本人は「金沢大の医学部」に出願するという.
周りの友人たちも教師も気が気ではない.みんなこぞって「目標を下げろ」という.しかし、本人はガンとして受け付けない
とにかく初期の目標の通りに「金沢大の医学部」に2次の願書を出した.
これがみごとに合格したのです.だから試験はやってみなければわからない.人生はそんな一面があります.だから面白い.
ありのままの君を叩き出せば良い.「俺をとらないような大学に行くものか」くらいの気合を入れて進んでください.
君の前に道はない.君の後に道はできるのです.
健闘を!

とても勇気の湧いてくる、メッセージだと思いました。

次回も良著を頑張って発掘して参ります。どうぞお楽しみに!

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

  1. 代ゼミ 私立医歯薬数学 1982 夏期 佐藤忠

  2. 研究社 ドクター市橋の英文法クリニック 偏差値が70になる 1987 市橋敬三

  3. ごま書房 ヘンな数学 第7版 1974 仲田紀夫

  4. 代ゼミ 私立理系数学小問集2 ’84山本矩一郎東海林藤一

  5. 三省堂 現代英文解釈法 改訂版 荒牧鉄雄著 1962発行

  6. デバグ 数学セミナ 数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・・・∞ 学生社 小針晛宏

  7. 日本英語教育協会 西尾の実戦シリーズ7実践英語発音問題 重要3000語 1971 西尾孝

  8. 大学入試英文読解のナビゲーター 研究社出版 奥井潔著

  9. 科学新興社 モノグラフ新書14演習最大・最終問題’79 青木一英

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別アーカイブ

運営者

株式会社ブックスドリーム

株式会社ブックスドリーム

参考書・予備校テキスト、教科書・専門書・医学書を専門に買取・販売しています。 インターネットからの申し込みで全国送料無料で買取。ご希望の方には段ボール無料送付サービスもしています。

プロフィールを表示 →

運営サイト紹介

PAGE TOP