草思社 メキメキ力がつく受験英語の集中講座 1987 宮崎尊

初めて当ブログにお越しくださった方、はじめまして。

いつもお越し下さっている皆さま、いつもありがとうございます。

 

本日は、「草思社 メキメキ力がつく受験英語の集中講座 1987 宮崎尊」を紹介いたします。 

1987年の11月に発行された今著。デザインもいかにも80年代。

色もオレンジと黒の2色しか使用されていないんですが、それを感じさせません。

いいデザインですね。尊先生のフルショット(全身)がインパクト抜群です。

ファッションからも感じ取れますが、この年代は独特な空気感がありますね。

先週も当ブログでも宮崎尊先生の別著を紹介させていただいております。偶然にも宮崎先生推しが続きましたが、こちらもいい参考書ですので合わせてご覧ください!

 

さて、現在のお姿はというと

2017年2月の東進タイムズより近影をお借りいたしました。

表紙では、○天堂の赤いオーバーオールの似合う超有名キャラに似てるなあ。と感じさせるイメージでしたが、おしゃれなネクタイに渋いグレーのスーツを着こなすロマンスグレーですね。素敵です。


さて、いよいよ内容の紹介に移ります。

冒頭にまえがき的な尊先生のお書きになったと思われるコミックが掲載されています。面白い内容だったので、掲載させていただきます。実は、ここの部分に惹かれてどんどん読み進めた結果、今回紹介することを決めたんですよ。

それでは、どうぞ。

最後の大ゴマ。迫力満点ですよね。「そういうことは、この本を読んでから言え!」導入としては、最高の演出だと思います。内容に対して、興味が大きくそそられました。


そして、読み進めると「前置詞をマスターする」の導入へ。ここで面白くも「なるほど」という面白いエピソードが掲載されていました。こちらも画像でどうぞ!

日本人ですら、整理しながら読まないと混乱してきますよね。

「が」が「は」の助詞について読んでこんなにおもしろいと感じたのは初めてでした。外人の人の間違いを当事者視点で「なぜそういう間違いになるのか?」が解ると面白い!ってなりました。

ここの設問で、日本語の前置詞「の」を英語に置き換えることがとても楽しかった。

答えと解説のプロセスが理解度を高め、知る「喜び」を感じました。

ofとoffの語源については、この次の画像を御覧ください。

いよいよ問題の解答ですが、その違いの解説を理解でき、「の」の違いが理解できている自分を感じることができるはずできませんか?

全ての設問が「の」を置き換えるものでしたが、興味がそそられる内容に語り口が軽妙で、知らないうちに「もっと知りたい!」となっている自分に気づきました。

英語の本質(核)を分かり易く、丁寧に教えてくれる参考書と評判の今著。

大学生や社会人が英語を再学習するためにも十分使える一冊。という評価もうなずけます。絶版が惜しまれますが、また良著に出会えて良かったと思える1冊でした。

最後までお読みくださってありがとうございました!

定期的に更新し、読者のみなさまへ良著をどんどん紹介していきたいとスタッフ一同、良著を発掘しております。次回更新も是非お楽しみに!

関連記事

  1. 朝日出版 どんな人でも必ず英語が読めるようになる これだけ英文法 1993 伊藤悟

  2. 徳間書店 即戦力をつくる記憶術 1987 渡辺剛彰

  3. 旺文社 なべつぐのひける物理Ⅰ 1979 初版 渡辺次男

  4. 代ゼミ 伊達の速効 日本史最勝王 Part1 政治経済外交史/Part2 文化史テーマ史 2003 …

  5. 旺文社 やさしく解ける ほんぶの数学難問特講 本部均著書 1981年発行

  6. 昇龍堂出版 詳解 日本史 1965 谷口五男

  7. 有限会社みき社  地上最強の英文読解 横山雅彦のロジカルリーディング全伝2015-横山雅彦

  8. アルク 究極の英語学習法 KHシステム 発展編-ロジカル・リスニング 国井信一/橋本敬子著 2006…

  9. 三省堂 現代英文解釈法 改訂版 荒牧鉄雄著 1962発行

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト紹介

絶版参考書博物館

主に大学受験の参考書や問題集、教材で絶版となった書籍を紹介しています。王道からマニアックな参考書まで毎週、著者や内容、時代背景とともに紹介します。

カテゴリー

カレンダー

2017年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

月別アーカイブ

運営サイト紹介

PAGE TOP