歴史春秋社 日本史の何故がわかる 総ふりがな なぜなぜ日本史 菊地昌美

本日は、『歴史春秋社 日本史の何故がわかる 総ふりがな なぜなぜ日本史 2004 菊地昌美』を紹介させていただきます。

なぜなぜ日本史―総ふりがな

なぜなぜ日本史―総ふりがな

タイトルの「総ふりがな」で分かるように、本書は全ての漢字がふりがな付です。
中表紙も目次も、著者略歴まで全てふりがなが付されています。

たしかに日本史の用語には、難読なものが少なくありません。
「御霊会」「田荘」「湯起請」などなど、一筋縄ではいかない用語が頻出しますが、
本書のように、あらゆる漢字にふりがなを付した本は珍しいと思います。

これには深い理由がありました。
編者の菊地昌美氏は高校教師になって以来、数々の学校で日本史を教えてきましたが、
長年の教育経験の中で、「当たり前の漢字を読めない生徒が増え」るという問題に直面しました。

学力低下への憂いから作られたプリント群は、
本来の「板書をしないで時間を節約」するという目的を越えて、
誰にでも読める、誰にでも分かる日本史教材として洗練されていったのです。

本書は同氏の退職を機に、それら授業プリントを総まとめしたものということです。
随所に線引きを入れることで、板書を再現できるという配慮がなされています。
この本はまさに菊地氏の教育経験の結晶と言え、「総ふりがな」には切実な願いがこめられていたのでした。

また、菊地氏の著書はほかにも、
本書の番外編として『隠された日本史』、一般書に『邪馬台国は大和国』があります。

 

 

 

 

 

 

 

番外編は絶版ですが、『邪馬台国は大和国』は2014年に改訂新版が出ました。

どちらも興味をそそられるタイトルですね。

関連記事

  1. 研究社 ドクター市橋の英文法クリニック 偏差値が70になる 1987 市橋敬三

  2. 中経出版 数学の論証力・答案作成力が面白いほど身につく本 2007 佐々木隆宏(大沢隆)

  3. 科学新興社 ステレオグラフ 幾何 1961 田中太三郎

  4. アルク 究極の英語学習法 KHシステム 発展編-ロジカル・リスニング 国井信一/橋本敬子著 2006…

  5. 三省堂|新講 数学Ⅰ(改訂版) 赤摂也

  6. 祥伝社 奇跡の共通一次数学 どこが出るか、どう解くか 1982 入江伸

  7. 旺文社 数ⅡBの研究 1967 穂刈四三二

  8. 學燈社 宮下の漢文ダイジェスト 1994 宮下典男

  9. 青春出版社-試験にでる英文法 合格を実証した135の急所・94の盲点 森一郎

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト紹介

絶版参考書博物館

主に大学受験の参考書や問題集、教材で絶版となった書籍を紹介しています。王道からマニアックな参考書まで毎週、著者や内容、時代背景とともに紹介します。

カテゴリー

カレンダー

2017年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別アーカイブ

運営サイト紹介

PAGE TOP