歴史春秋社 日本史の何故がわかる 総ふりがな なぜなぜ日本史 菊地昌美

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

本日は、『歴史春秋社 日本史の何故がわかる 総ふりがな なぜなぜ日本史 2004 菊地昌美』を紹介させていただきます。

なぜなぜ日本史―総ふりがな

なぜなぜ日本史―総ふりがな

タイトルの「総ふりがな」で分かるように、本書は全ての漢字がふりがな付です。
中表紙も目次も、著者略歴まで全てふりがなが付されています。

たしかに日本史の用語には、難読なものが少なくありません。
「御霊会」「田荘」「湯起請」などなど、一筋縄ではいかない用語が頻出しますが、
本書のように、あらゆる漢字にふりがなを付した本は珍しいと思います。

これには深い理由がありました。
編者の菊地昌美氏は高校教師になって以来、数々の学校で日本史を教えてきましたが、
長年の教育経験の中で、「当たり前の漢字を読めない生徒が増え」るという問題に直面しました。

学力低下への憂いから作られたプリント群は、
本来の「板書をしないで時間を節約」するという目的を越えて、
誰にでも読める、誰にでも分かる日本史教材として洗練されていったのです。

本書は同氏の退職を機に、それら授業プリントを総まとめしたものということです。
随所に線引きを入れることで、板書を再現できるという配慮がなされています。
この本はまさに菊地氏の教育経験の結晶と言え、「総ふりがな」には切実な願いがこめられていたのでした。

また、菊地氏の著書はほかにも、
本書の番外編として『隠された日本史』、一般書に『邪馬台国は大和国』があります。

 

 

 

 

 

 

 

番外編は絶版ですが、『邪馬台国は大和国』は2014年に改訂新版が出ました。

どちらも興味をそそられるタイトルですね。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

  1. 科学新興社 モノグラフ新書1演習2次曲線’84 矢野健太郎

  2. 科学新興社 わかる空間図形 傾向・演習 1989 矢野健太郎

  3. 光文社 英絵辞典 目から覚える6000単語 1968 岩田一男 真鍋博

  4. SEG出版 SEG数学シリーズ 複素数 1994 小島敏久

  5. 旺文社 堀木の読めてくる現代文1 基礎づくり10+1講 1992 堀木博禮

  6. 代々木ライブラリー 今井の英文法入門―代々木ゼミ方式 2004 今井宏

  7. 啓文社出版 文部省検定 英語科受験準備の指導 1928 井上孝一

  8. 山川出版社 日本史 記述・論述問題の研究 1979

  9. 数研出版 精説 生物 1964 秋田康一 細井輝彦

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト紹介

絶版参考書博物館
 
主に大学受験の参考書や問題集、教材で絶版となった書籍を紹介しています。王道からマニアックな参考書まで毎週、著者や内容、時代背景とともに紹介します。
 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

カテゴリー

カレンダー

2017年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別アーカイブ

運営者

株式会社ブックスドリーム

株式会社ブックスドリーム

参考書・予備校テキスト、教科書・専門書・医学書を専門に買取・販売しています。 インターネットからの申し込みで全国送料無料で買取。ご希望の方には段ボール無料送付サービスもしています。

プロフィールを表示 →

運営サイト紹介

PAGE TOP