現代数学社 数学の盲点とその解明 MaxとMinに泣く 1979 初版 石谷茂

本日紹介するのは石谷茂著の数学の盲点とその解明シリーズの一つ「MaxとMinに泣く」になります。それも初版です。

本作は数学の盲点とその解放シリーズ全4作の第3作目になります。


著者は石谷茂先生です。

昭和期の数学者で、嘉悦女子短期大学で教授をされていました。


高校や大学での数学指導というのは経験的事実をもとに発展的に積み重ねる方式であって、論理体系にみだれがあります。ですから当然、ある事柄の真偽の判断、価値の評価は多様化し単純に結論を導けない事があります。それが盲点です。

 


盲点に泣くのは学生だけではありません。教える側も同様です。

誤りの中にはついウッカリの誤りもあれば、誰しもが起こしてしまうような誤りもあります。後者の方は数学の基礎的なところに多く、また本質へも繋がっている事があります。

そういった盲点を集め解明を試みているのが本作のシリーズになります。

「経験にさおされば流され、論理を通せば落後者が出る。とにかく数学は教えにくい」となってしまう。それを解消する為には、経験を積み重ねた後、適当なチャンスに論理によって整理する事である。盲点解明もその一つとなるでしょう。

と本著では説かれています。

 

シリーズ通してのターゲットは数学好きの大学生以上のような気がします。

高校生には難しい内容かと思います。

しかし数学が好きな方や数学の先生であれば読んでおいて損はないでしょう。


 

このシリーズには他に「ε-δに泣く」「∀と∃に泣く」「DimとRankに泣く」の3作があります。

一度は絶版になっていたようですが2006年頃に復刻されており復刻版は表紙が変更されています。

復刻版は購入しやすくなっていますので「数学の盲点を解明したい!」というかたはコンプリートしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 教学研究社 昭和29年度入試模擬テスト 公私中学入試 算数予想問題集 1954

  2. リコー教育機器 田崎パターン英語会話 田崎清忠

  3. 旺文社 これで足りる日本史 連想式日本史75話 乾宏巳 昭和50年

  4. SEG出版 SEG数学シリーズ11 微積分講義 1994 光田義

  5. 三省堂 数学バイパス1 微分のひみつ 1978 黒田俊郎

  6. 内田老鶴圃新社 微分と積分の基礎2 微分応用編 金田数正著 1980年発行

  7. 駿台文庫 国公立対策 入試数学攻略のポイント’99 秋山延雄 本野誉

  8. 東京西班牙語学会 西和熟語慣用句辞典 村岡玄

  9. 有精堂 語源を中心とした英単語の力のつけ方 1976 小川芳男・前田健三

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト紹介

絶版参考書博物館

主に大学受験の参考書や問題集、教材で絶版となった書籍を紹介しています。王道からマニアックな参考書まで毎週、著者や内容、時代背景とともに紹介します。

カテゴリー

カレンダー

2017年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

月別アーカイブ

運営サイト紹介

PAGE TOP