山川出版社 日本史 記述・論述問題の研究 1979

本日は「山川出版社 日本史 記述・論述問題の研究 1979」を紹介させていただきます。

歴史教科書でおなじみの山川出版社のテキストです。
初版は1970年に発行され、本書は1979年の補訂版となります。
「まえがき」に詳しい経緯が載っていますので、見てみましょう。

以前、当ブログで1969年の東大紛争以後の入試改革について触れましたが、

70年代にあらわれた本書は、まさに入試改革によって増やされた
論述問題への対策に特化している点で、当時の要求に鋭く応えた問題研究書でした。

とくに補訂版の本書が刊行された1979年は、のちのセンター試験の原型となる
「共通一次試験」が始まった年であり、共通一次では従来のマークシート形式が、
各大学の二次試験では、各大学の特色をもった論述問題が立ちふさがるという、
現在でも馴染みの深い入試傾向が、この頃から始まっていくのでした。

「今後の予測はむずかしいが、79年度の問題から考えてみれば、
国・公立大学の二次テストが本格的論述問題へむかう傾向を
いっそう強めることだけは確かであろう。
その意味において、本書がはたしうる役割はいぜん大きいと思われる」

慧眼とも言える「まえがき」ですね。

さて、論述問題はマークシートとは違い、書き手に自由な表現が委ねられている点で、
書き手の歴史構築が如実にあらわされます。そして、書かれた「歴史」が、
いかに当時の「模範的な歴史」と一致するかが求められる高度な問題設定と言えます。

たとえば、本書の近代史には「マニュファクチュア」という言葉が多数ありますが、
現在の日本史論述問題で、この用語が推奨されることはほとんどありません。

また、「明治維新は不徹底な近代革命であった」とする基本事項は、
現在でも評価の難しい問題で、今ではこれを前提にした出題は少なくなりつつあります。

ここには、当時の歴史学を席巻した「唯物史観」があります。
いわゆる「世界史の基本法則」とされた、
資本主義の発展→市民社会の醸成→市民革命による絶対主義の解体
という西洋の発展段階説・進歩説を日本に適用しようとした結果でした。

歴史論述の過去問は、当時の歴史理論の傾向を垣間見せてくれます。
日本史・世界史の絶版本を手に取るときは、
その解答例に至る、学問的な背景を考えてみるのも面白いですね。

関連記事

  1. デバグ 数学セミナ 数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・・・∞ 学生社 小針晛宏

  2. 研究社 ハイベーシック英作文 倉谷直臣

  3. 文英堂 シグマ・ベスト 解明英文法 1973 吉田正俊

  4. 三省堂 新講 数学Ⅱ 1968年 赤攝也

  5. 聖文新社 ケネスのわくわく英文速読教室 1984 ケネス・サガワ/ 古谷千里

  6. 旺文社 解法すいすい理解 数学Ⅰ 1986 渡辺次男

  7. 文英堂 苦手だけど受験に人のためのベクトル数学B 下村哲 2000年発行

  8. 桐原書店 中澤の難関大攻略 徹底英語長文読解講義 1996 中澤一

  9. 東京書籍 スーパー講座 頻出英文法・構文 富田一彦 1997年発行

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト紹介

絶版参考書博物館

主に大学受験の参考書や問題集、教材で絶版となった書籍を紹介しています。王道からマニアックな参考書まで毎週、著者や内容、時代背景とともに紹介します。

カテゴリー

カレンダー

2017年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

月別アーカイブ

運営サイト紹介

PAGE TOP