科学新興社 わかる空間図形 傾向・演習 1989 矢野健太郎

わかる空間図形 傾向・演習 1989

わかる空間図形 傾向・演習 1989

今回紹介するのはこちら!

科学新興社から出版されています、矢野健太郎先生のわかる空間図形です。

 

矢野健太郎先生の参考書を紹介させていただくのは3回目になりますので、先生の紹介は割愛します。

ちなみに過去2回はこんな参考書でした。

 

日本評論社 大学入試問題予想法 矢野健太郎著

科学新興社 モノグラフ新書1演習2次曲線’84 矢野健太郎

 


 

こちらの本の一番の特徴といえば参考書にあるアイテムが付いていた事です。

それがこちら!
cimg3829_r

 

これが何かは皆さんもうお分かりですよね。

そうメガネです!!

参考書にメガネとか意味が分からない?答えはこちらです!

cimg3826_r

このメガネを使って参考書の図形を見る事で立体的に見る事が出来るのです。

3次元の問題を2次元の平面で見ていてもピンと来なかったりしますが、このアイテムがあれば3次元で見る事が出来るのです!

問題の図形がより分かりやすくなるといった仕組みです。


実際の問題ではこうなっています。

cimg3828_r

これだけでも何となく図形としては把握できますがこのメガネを使って立体的にみる事によって実際影になっている部分はどこなのかを素早く判断する事が出来ます。

図形問題は空間の把握が大事でしょうからメガネなしでも素早く空間把握が出来る為の練習アイテムとしては効果は期待できる事間違いなし!

でも、穴の開いたダンボールを顔に当てながら問題を解いている姿は他の人からすれば何がしたいのか分からないかもしれませんね^^;


大学受験わかる空間図形傾向・演習 1990

大学受験わかる空間図形傾向・演習 1990

翌年(1990年)に同一のタイトルでシリーズ化もしくは廉価版が出版されていました。

内容(問題)が変わっているかどうかは不明ですが、こちらのほうも絶版状態となっています。ただ、1989年のものに比べていくらか手に入りやすい状態にはなっています。


ちなみに、メガネが付属した参考書の元祖といえば…

科学新興社 ステレオグラフ 幾何

こちらも以前に当ブログで紹介させていただきました。

科学新興社 ステレオグラフ 幾何 1961 田中太三郎

関連記事

  1. 学研 受験の達人ソクラテス 1993年大学入試必携版 大学合格者1000人の受験勉強術

  2. サイエンティスト社 真紀子と裕介の目で見る線形代数 木村良夫

  3. 旺文社 数ⅡBの研究 1967 穂刈四三二

  4. 研文書院 解法のパターン 数学公式集 1989 三瀬茂利

  5. 青春出版社 試験にでる英文解釈/英文法 森一郎

  6. 旺文社 日本史の重点暗記法 1992 菅野祐孝

  7. 駿台政経科 政治・経済資料集 1987

  8. 科学新興社 ステレオグラフ 幾何 1961 田中太三郎

  9. 旺文社 高英ゼミ 重要イディオムの整理と活用 多田幸蔵著

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト紹介

絶版参考書博物館

主に大学受験の参考書や問題集、教材で絶版となった書籍を紹介しています。王道からマニアックな参考書まで毎週、著者や内容、時代背景とともに紹介します。

カテゴリー

カレンダー

2016年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

月別アーカイブ

運営サイト紹介

PAGE TOP