代々木ライブラリー 土屋の古文講義3 応用篇 1988 土屋博映

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

本日は「代ゼミ 土屋の古文講義3 応用篇 1988 土屋博映」の紹介をさせていただきます。

 

 

著者は代ゼミ講師をされていた土屋博映先生です。

 

 

土屋先生といえばクイズ番組のレギュラー解答者を務めたりNHKテレビ講座、ラジオ講座の講師もされていました。当時は自身の名を冠したラジオ番組を持ち、国文学者に大学教授とマルチな活躍をされカリスマ予備校講師の概念そのものを作り上げた講師と言っても過言ではないと思います。

そして土屋先生に続くように相次いで個性の強い講師の方々が出てきました。以前にもご紹介させていただいた「金ピカ先生」こと佐藤忠志先生に「マドンナ先生」でお馴染みの荻野文子先生、そして暴走族出身の吉野敬介先生などがそうですね。

2005年1学期授業の一部ですが授業風景の動画がございますので、紹介させていただきます。

 


こちらが以前ご紹介させて頂いた佐藤先生の記事でございます。

ご興味を持たれた方は是非ご覧下さい。

 


 

それではこの辺りで本書の内容について触れていきましょう。

 

 

今回ご紹介の古文講義3は応用篇になりますが、その他にも古文講義シリーズには応用篇以外に基礎篇・練成篇がありますね。基礎篇では基本的な入試問題を取り上げ単語・公式・文脈の捉え方等の解説、そして練成篇では実力がつく入試問題を精選しその中から読解のプロセスを重視し解答の導き方を詳しく解説しています。

 

 

一方応用篇では第一に難関校の入試問題であること、第二に思考過程を重視した問題であること、この2点を満たした問題の中から速読・速解するためにどのような手順でどうやればスピーディに正答に辿り着くのかが記載されています。

具体的には私立大学では早稲田大学、国立大学からは東京大学を中心に選ばれています。この二校を核として作られたのはそこを押さえてしまえばどのような大学にも対応できるという理由からです。そして選択肢を選ぶ過程と記述問題にもポイントが置かれています。これは記述問題に苦手意識を持った受験生が多くそのような人達に選択肢問題や記述問題に自信を付けて古文読解を楽しんで欲しいという思いが込められているようです。


最後に都市伝説のような豆知識をひとつ

先ほどもお話しましたが今回ご紹介する古文講義シリーズには基礎篇・練成篇・応用篇の3種類があるのですが、絶版になっているのはシリーズ第3巻の応用篇のみになるのです。その理由なのですが噂では3巻まできっちり勉強すれば独学であってもどの大学にもいけてしまう実力がついてしまうからだとか。

もし本当にこの本だけで大学に合格できるのであれば是非手にしてみたい1冊ですね!

 

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

  1. SEG 難関小論文 ベストセレクション 2001入試問題10講 山西博之

  2. コブタン 56の例文で効率的に身につく古語単語329

  3. SEG出版 大学入試数学問題集 10日間の整理 1999 小島敏久

  4. 栄光 田村の現代文記述問題解説 2002 田村秀行

  5. 三省堂 新英文法 第2版 1978 岩田一男

  6. 開文堂 英文和訳着眼点 1929 岡田実麿

  7. 東進ブックス 改訂版 高校大学完結編 英文法をもう一度最初から 1997 江藤正明

  8. 山手書房 ふくろう博士の有名高校受験国語 古川のぼる

  9. みすず書房 数学おもちゃ箱Ⅲ 1976 コルディエムスキー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別アーカイブ

運営者

株式会社ブックスドリーム

株式会社ブックスドリーム

参考書・予備校テキスト、教科書・専門書・医学書を専門に買取・販売しています。 インターネットからの申し込みで全国送料無料で買取。ご希望の方には段ボール無料送付サービスもしています。

プロフィールを表示 →

運営サイト紹介

PAGE TOP