駿台 日本史の盲点(戦国~江戸) 1994 冬期

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

本日は「駿台 日本史の盲点(戦国~江戸) 1994 冬期」を紹介させていただきます。

 

「日本史の盲点」といえば、南北朝期や戦後史あたりがよく話題になりますが、

実は戦国~江戸の過渡期というのも穴場で見落とされやすい部分にあたります。

 

本能寺の変や関が原の戦いなど、戦国の事件に関する認知度は高いですが、

分国支配や貿易関係などの制度史となると、途端に難易度が上がります。

また、江戸時代=泰平という先入観は歴史的な動きがないように思われがちですが、

多様な思想や文化が花開いた繚乱の時代でもありました。

 

このような「盲点」に対して集中的に取り組んだテキストが、

本日ご紹介する駿台の冬期講習「日本史の盲点(戦国~江戸) 」です。

中身を見てみましょう。

いわゆる「下克上」の流れを理解することは、論述問題に活かせそうですね。

京都の発達も、豊臣秀吉の都市計画がよく知られているように、

受験の重要キーワードが取り上げられていて、文脈とキーワードの双方から

得点が取れるように配慮された構成になっています。

貿易や思想文化の年表もあります。

近世は一般的に「鎖国の時代」と認識されていますが、

制限貿易による「世界」への参入の時代でもありました。

 

とくに天文学や医学などの西洋の文物が大量に流入しており、

近世日本の文化発展は、この西洋との接触によって可能になったのでした。

また、1644年の明の滅亡は、「中華の消失」という危機意識のなかで、

日本や朝鮮が「我らこそが中華」という意識をもつ契機でもありました。

 

これだけでも戦国~江戸の重要度がわかりますね!

呉座勇一氏の『応仁の乱』が異例の大ヒットになったことは記憶に新しいですが、

「よくわからない」に飛び込んでみるのは、発見の始まりでもあるようです。

受験も得意分野ばかりでなく、「盲点」に飛び込む意欲が必要なのかもしれません。


日本史関連の紹介は、過去にも2件ございます。最後に合わせて紹介させていただきます。

次回の更新もお楽しみに!

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

  1. 駿台 センター数学パーフェクト講座 1996冬期 小林隆章

  2. 東進 金谷俊一郎の表解日本史 1997

  3. 代ゼミ 医系数学の秘伝「ヒポクラテス」 2004 夏期 西岡康夫

  4. 代ゼミ 基礎数Ⅰ・ⅡB 1982 春期 田島稔

  5. 東進Dスクール 沖田一希のすらすら解ける数学 ビデオ(VHS)

  6. 代ゼミ 英語上級レベル養成講座A組 今井宏

  7. 東進 滝山敏郎の難関大総合英語速読速解法

  8. 駿台 日本史A(上)(下)日本史B私大対策日本史テーマ別 1987

  9. 東進 横田伸敬のセンター攻略・近現代日本史ゼミ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ

運営者

株式会社ブックスドリーム

株式会社ブックスドリーム

参考書・予備校テキスト、教科書・専門書・医学書を専門に買取・販売しています。 インターネットからの申し込みで全国送料無料で買取。ご希望の方には段ボール無料送付サービスもしています。

プロフィールを表示 →

運営サイト紹介

PAGE TOP