高校生がミスしやすい多発誤答パターン数学IAIIB 1997 秋山仁

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

今回紹介させていただくのは「高校生がミスしやすい多発誤答パターン数学IAIIB」です。

著者は本ブログでも度々登場している秋山仁さんです。


以前にも「語学春秋社-数学講義の実況中継(上)-1986-秋山仁」「数学の計算回避のしかた|発見的教授法による数学シリーズ 別巻2」を紹介させて頂きましたので、秋山先生についての説明は割愛させていただきます。


本書は高校生がミスをしやすい部分ばかりを抜粋した参考書となっています。

目次を見てみてもかなり細かく分類分けがされていることが分かります。

数学ⅠAの基本からⅡBまで高校数学のほぼ全てを網羅しているので、自身のレベルに合った部分からの勉強が可能です。


各問題の構成は「問題」「誤答」「解説」「正答」となっています。

間違いを秋山先生の鋭い切り口による解説が入っています。

問題数は若干少なめとなっていますが、かなり細部まで研究されており、他の参考書では解説されていないポイントまでを理解することができます。


左から松田聡平、大吉巧馬、長岡恭司(敬称略)など、東進ハイスクールの講師の方はおなじみのイラストを用いる方が多いですが、元駿台予備校の講師であった秋山先生も自身のイラストを使用されることが多いです。

本書の解説ページにもちらほらと秋山先生のイラストが掲載されています。

特徴的な風体をよく捉えた見ただけですぐ分かるイラストですね。


すぐ下に解答が掲載されているため、問題集としての活用には向かない作りとなっていますので、本書で間違いやすいポイントを理解したうえで、他の参考書へ移行するのが良いかと思います。

秋山先生の参考書は数多く出版されていますのでお手にとってみてはいかがでしょうか?

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

  1. SEG出版 大学入試数学問題集 10日間の微積分 1998 光田義

  2. 代ゼミ 61年度 主要大学 フランス語入試問題集

  3. 代ゼミ 中畑のインテグラル英文読解S Vol.1 1998 中畑佐知子

  4. 東洋館出版 魅せる化学の実験授業 高等学校「化学基礎」編 岩田久道/後藤顕一編著 2011年発行

  5. 研究社 英語は前置詞から 1974 初版 児玉仁士

  6. 旺文社 ルールとパターンの英文解釈 1994 伊藤和夫

  7. 研究社 フロンティア英文法 Frontier 1994 町田健

  8. 代々木ライブラリー 代々木ゼミ方式 武井の世界史500選シリーズ①~⑤ 武井正教

  9. 研数書院 VITALS SERIES 英語発音の基礎 1968 緒方勲

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別アーカイブ

運営サイト紹介

PAGE TOP