研文書院 大学への世界史の要点 1987 大久間慶四郎

本日、ご紹介したい参考書は

「研文書院 大学への世界史の要点 1987 大久間慶四郎 著」

です。

大学への世界史の要点

大学への世界史の要点

「大学への数学」といえば、現在では「東京出版」が出している「月刊 大学への数学」が有名ですが、かつて研文書院からも「大学への数学」が発行されていました。そして、これは特徴的な黒の表から「黒大数」と呼ばれてきました。

※研文書院は2013年に出版、販売の業務を終えてしまい、現在は「黒大数」は絶版になっています。

 

そして、この研文書院から日本史、世界史といった文系科目の「大学へのシリーズ」も出版されていました。

表装デザインもシンプルで硬質。本物志向の中身で勝負という雰囲気が伝わってきます。

本書とは異なりますが、「大学への日本史」に関するとある元外交官の方の書評を拝見しましたが、

研文書院 大学への日本史 1973 安藤達朗

日本史をおさらいする必要に駆られた時に、受験時に使用したこの参考書が良かったから日本史を携行するためにこのシリーズの日本史を選んだとありました。

「安易につくられた新書を100冊読むよりも、この1冊を熟読した方が

はるかに基礎知識が身につくはずだ」と。

img_0892_r「大学へ世界史の要点」、あくまでも「要点」の整理で、用語を羅列し、その意味内容を解説する用語集のようになっています。

img_0893_r

歴史の流れが、途切れずに前後のつながりが自然に理解できる巧みな編集。

特に各章初めに、年表が掲載され

img_0891_r「トピックス」などの読み物コラムもあり、歴史上の背景を息抜きをしながらも

楽しんで理解できるように執筆されています。

img_0899_r

内容も詳細で、重箱の隅をつつくような知識が要求されることもある難関私立入試にも対応できると書評にあるほどです。

大学入試において、100点防止策の教科書に載っていない難問・奇問も網羅され、

詳細で素晴らしい参考書の1冊に確実に上げられると思います。

 

大学へのシリーズではありますが、めでたく卒業して、外交官になった方でも

手元に置き、便利に学び直すとおっしゃる1冊。

間違いなく、おすすめな1冊だと思います!

関連記事

  1. 旺文社 大学入試 傾向と対策9 基礎解析 1993 長岡亮介/長岡恭史

  2. 駿台文庫 思考する英文読解 入不二基義

  3. ごま書房 集中力がつく本 1981 多胡輝

  4. 大学入試 1問1答 英文法初級問題集 ’91 山田弘

  5. 東進 化学 良問精選IB・II (ハイクラス編) 二見太郎

  6. 現代文解釈の基礎 新訂版 遠藤嘉基/渡辺実著 1991発行

  7. 北星堂書店「官立大学入学試験英語問題選集」 西崎一郎編

  8. 代ゼミ 化学(有機)有機化学 1982 大西憲昇

  9. なべつぐの数学はこれで得意になれる 渡辺次男著 旺文社 1986年

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト紹介

絶版参考書博物館

主に大学受験の参考書や問題集、教材で絶版となった書籍を紹介しています。王道からマニアックな参考書まで毎週、著者や内容、時代背景とともに紹介します。

カテゴリー

カレンダー

2016年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

月別アーカイブ

運営サイト紹介

PAGE TOP