河合塾 秘伝のオープン 数学ⅡB 浅野英夫 山中巌

今回、紹介させていただく本は、

進学研究社 河合塾 秘伝のオープン数学ⅡB です。

CIMG8694_R

いろいろな受験必勝のための学科ごとの参考書タイトルを挙げているブログで散見されいて、興味を持っていたタイトルです。

168

シンプルですが中央に描かれたやや時代がかった立体感の赤い矢印!

右肩上がりなところが、成績アップや合格を連想せずにはいられませんね!

 

著者の紹介をさせていただきます。浅野英夫先生と山中巌先生の共著です。

CIMG8700_R

 

浅野先生は、当時河合塾の数学課の主任を務められていたようです。

本作が出版された当時には河合塾のメインスタッフであったと紹介されています。

そして・・・

CIMG8699_R

数学が苦手だった生徒が「数学科へ進みたい!」と言い出すのが日常茶飯事だと!書かれていますね。

そして・・・

「わかる」

「解ける」

「美しい」

数学と表記されています。

CIMG8695_R

絶版で価値があがる本には、必ず特徴があります。

参考書としての内容は充実しているのはもちろんのこと。

「どこを開いてもそこだけで解る」

「細切れ時間のフル活用」

なんてキャッチーで心をつかむワードでしょうか!

今も昔も時間が大切な受験生には、

必要とされることは不変だということなのでしょう。

CIMG8697_R

見開きで一区切り完結する。この編集方針と優れた講義内容が

支持される要因だと強く感じました。

 

しかし、どんな優れたアイディアもユーザーである受験生のニーズと

かけ離れたものであれば、きっと生き残れないはずです。

時間の無い生徒を思い、生徒とのやりとりの中で生まれたものを盛り込んで

コレ一冊だけで大丈夫!という内容を完遂させているからこそ、

活きた参考書となり、こうして語り継がれていくのでしょう。

今となっては、当たり前になっていることも始まりは必ずあり、

進化しているように見えて、結局はデコレーションされているだけだったり

バリエーションに過ぎなかったり。

もちろん選択肢が増えるのはユーザーとしては幸せなことですが。

結局、本質は変わりないのかもしれません。

 

良著には理由アリ!ですね!

 


 

「河合塾 秘伝のオープン」シリーズの他の書籍も紹介しています。

 

進学研究社・河合塾 新・秘伝のオープン 三位一体数学Ⅰ~Ⅲ ’87|仁田尾陸美

関連記事

  1. 文理 多彩な発想 あざやかな解法 ヒラメキの数学 2002年発行 千田守著

  2. 駿台文庫 東大京大受験必修 数学の図形問題演習 ’89 上田惇巳

  3. ごま書房 福崎流・合格への英語 1997 福崎伍郎

  4. 昭和31年版 大学入試対策シリーズ 世界史の傾向と対策 1955 吉岡力

  5. 大学入試数学問題集 10日間の場合の数・確率

  6. 駿台文庫 現代文解体新書 抽象語入門篇 岡田寿彦 1993 駿台レクチャー叢書

  7. 科学新興社 ステレオグラフ 幾何 1961 田中太三郎

  8. 駿台文庫 大学へのスーパー物理 現代の物理学ー力学編ー 坂間勇

  9. 新塔社 現代文読解の根底 1989 高田瑞穂

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト紹介

絶版参考書博物館

主に大学受験の参考書や問題集、教材で絶版となった書籍を紹介しています。王道からマニアックな参考書まで毎週、著者や内容、時代背景とともに紹介します。

カテゴリー

カレンダー

2016年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

月別アーカイブ

運営サイト紹介

PAGE TOP