河合塾 秘伝のオープン 数学ⅡB 浅野英夫 山中巌

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

今回、紹介させていただく本は、

進学研究社 河合塾 秘伝のオープン数学ⅡB です。

CIMG8694_R

いろいろな受験必勝のための学科ごとの参考書タイトルを挙げているブログで散見されいて、興味を持っていたタイトルです。

168

シンプルですが中央に描かれたやや時代がかった立体感の赤い矢印!

右肩上がりなところが、成績アップや合格を連想せずにはいられませんね!

 

著者の紹介をさせていただきます。浅野英夫先生と山中巌先生の共著です。

CIMG8700_R

 

浅野先生は、当時河合塾の数学課の主任を務められていたようです。

本作が出版された当時には河合塾のメインスタッフであったと紹介されています。

そして・・・

CIMG8699_R

数学が苦手だった生徒が「数学科へ進みたい!」と言い出すのが日常茶飯事だと!書かれていますね。

そして・・・

「わかる」

「解ける」

「美しい」

数学と表記されています。

CIMG8695_R

絶版で価値があがる本には、必ず特徴があります。

参考書としての内容は充実しているのはもちろんのこと。

「どこを開いてもそこだけで解る」

「細切れ時間のフル活用」

なんてキャッチーで心をつかむワードでしょうか!

今も昔も時間が大切な受験生には、

必要とされることは不変だということなのでしょう。

CIMG8697_R

見開きで一区切り完結する。この編集方針と優れた講義内容が

支持される要因だと強く感じました。

 

しかし、どんな優れたアイディアもユーザーである受験生のニーズと

かけ離れたものであれば、きっと生き残れないはずです。

時間の無い生徒を思い、生徒とのやりとりの中で生まれたものを盛り込んで

コレ一冊だけで大丈夫!という内容を完遂させているからこそ、

活きた参考書となり、こうして語り継がれていくのでしょう。

今となっては、当たり前になっていることも始まりは必ずあり、

進化しているように見えて、結局はデコレーションされているだけだったり

バリエーションに過ぎなかったり。

もちろん選択肢が増えるのはユーザーとしては幸せなことですが。

結局、本質は変わりないのかもしれません。

 

良著には理由アリ!ですね!

 


 

「河合塾 秘伝のオープン」シリーズの他の書籍も紹介しています。

 

進学研究社・河合塾 新・秘伝のオープン 三位一体数学Ⅰ~Ⅲ ’87|仁田尾陸美

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

  1. 栄光 田村の現代文記述問題解説 2002 田村秀行

  2. 三省堂 新講 数学Ⅱ 1968年 赤攝也

  3. 学燈社 平野の現代文ダイジェスト 初版 1994 平野豊雄

  4. 北星堂書店「官立大学入学試験英語問題選集」 西崎一郎編

  5. 研究社 英語は前置詞から 1974 初版 児玉仁士

  6. 三省堂 英語パーフェクト対策 前置詞 攻略問題集 1994 安河内哲也

  7. 7日間で基礎から学びなおす カリスマ先生の英文解釈

  8. 草思社 メキメキ力がつく受験英語の集中講座 1987 宮崎尊

  9. 東進ブックス 改訂版 高校大学完結編 英文法をもう一度最初から 1997 江藤正明

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2016年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別アーカイブ

運営者

株式会社ブックスドリーム

株式会社ブックスドリーム

参考書・予備校テキスト、教科書・専門書・医学書を専門に買取・販売しています。 インターネットからの申し込みで全国送料無料で買取。ご希望の方には段ボール無料送付サービスもしています。

プロフィールを表示 →

運営サイト紹介

PAGE TOP