大学入試むらき口語英語講義の実況中継 むらきひろし

本日はこちらの本を紹介いたします。


1994年に語学春秋社より発行された「むらき口語英語講義の実況中継」むらきひろし先生著です。

 


むらき先生の書籍を紹介するのは今回が初めてですので、むらき先生について簡単に紹介したいと思います。

Ursinus College(ペンシルベニア州)で、約4年間にわたり、日本文化論と日本語の専任講師を務める傍ら、AT&Tベ ル研究所でも教鞭を執り、新潟予備校で講師をされていました。

入試会話文問題を状況別のコミュニケーションの視点から克明に整理・分析する一方、正解の導き方とともに不正 解のダメ選択肢がなぜダメなのか、その理由をとことん解明する講義で、”むらき口語英語特講”はダントツの人気 を誇っていたそうです。

 

それでは、内容の紹介に入ります。

 

本書は、大学入試の英語が80年代を特徴づけた「長文化」から、90年代に入って「口語化」へとさらに進んできた 流れのなかで発行されました。

ところがこのような変化に対して、受験生側では十分に対策がされておらず、「ヒアリング」と「会話文」の2分野 はほとんど手つかずのまま、入試当日を迎える生徒が多かったそうです。

「会話文」における、準備不足の原因は何でしょうか。まず、「会話文」問題に対して「何をどのくらいまで学習 すれば入試突破に必要十分なのか」が全然わかっていないこと、と書かれています。
本書はこのような受験生の不安を解消するために作られました。

 


本書はむらき先生の講義を録音し活字にしたもののため、読みやすいことが特徴です。
本書はまず口語表現のポイントを頭に入れ、むらき先生の解説を読み、実際の入試問題を解くという流れになって います。

 


例えばWould you mind~?でのポイントは”mindの意味”である。mindの意味は「~を嫌がる」「~を嫌に思う」。
この訳を間違えると、完全に答えの”yes”と”no”がひっくり返ってしまうため大注意!とあります。

 


mindの後ろのつながり方は3通りあることを例文を用いて解説されています。

 

ポイントを理解したら、実際の入試問題を解いていきます。

入試問題についてもわかりやすく解説されており、まるで講義を受けているように、すんなり頭に入ってきます。

 

本書には口語英語表現の全体像が示されており、その内容が系統立てて網羅されています。過去問を解き進むこと によって、国公立・私立を問わず、どこの大学でもこの1冊を仕上げれば大丈夫なようにできています。
是非本書を手にとっていただき、むらき先生の講義を体験してみてください。

関連記事

  1. 駿台文庫 大学入試必修物理(上・下)駿台受験叢書 坂間勇

  2. SEG出版 大学入試数学問題集 10日間の整理 1999 小島敏久

  3. 合格王のミラクル数学[微分・積分編] 1995 安本肇

  4. 駿台文庫 必ずワカる 英語の学習法 1986 伊藤和夫

  5. アルファベータ 真島の英語200構文徹底講義 1994年 真島譲二

  6. 三省堂 楽しく読める気のきいた参考書 キュート数学Ⅱ 遠山啓著 1971

  7. 研文書院 解法のパターン 数学公式集 1989 三瀬茂利

  8. 河合塾 秘伝のオープン 数学ⅡB 浅野英夫 山中巌

  9. 三省堂 新講 数学Ⅱ 1968年 赤攝也

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト紹介

絶版参考書博物館

主に大学受験の参考書や問題集、教材で絶版となった書籍を紹介しています。王道からマニアックな参考書まで毎週、著者や内容、時代背景とともに紹介します。

カテゴリー

カレンダー

2019年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

月別アーカイブ

運営サイト紹介

PAGE TOP