鹿砦社 君にもできるスーパーエリートの受験術 1995 有賀ゆう

本日紹介させていただく参考書はこちらになります。

スーパーエリートの受験術―キミにもできる

スーパーエリートの受験術―キミにもできる

鹿砦社 君にもできるスーパーエリートの受験術です。

「スーパーエリート」とは!?すごいタイトルですね。

タイトルもすごいんですがこちらの書籍の著者である有賀ゆうさんという方の経歴もすごいです。

img_0265_r

東大・京大ダブル合格ってなんなんだ、日程的にもどうなんだろうという凄まじい合格歴ですね。(この辺りの事情は「図説超合格術大学合格のための学習プランと心理テクニック」で説明しています。)
そんな気になるこちらの書籍の内容はといいますと・・・

 

img_0268_r

大学入試にしても資格試験にしても結局は記憶ゲームである。
勉強中、気になったことがあってもメモに書いて、勉強は中断しない。
勉強が終わったあとでも1分でもいいから思い出す習慣をつけることが大きな差を生む。

 

img_0266_r

そして、記憶は時間より回数という今では常識になっている勉強法が記載されています。

auto_8dk3nz
エビングハウスの忘却曲線に則っていますね。

他にも家庭用のコピー機がいるという、意見もおっしゃっています。
その時代を先取りしている先見性などが、すべての勉強本に影響を与えた、勉強本のバイブル、等と言われている所以なのかもしれませんね。

口コミでも「目から鱗が落ちた」と衝撃を受けた方がたくさんいらっしゃいました。


lgi01a201408181500

こちらの書籍ですが、すでに絶版となっており、また著者本人が復刊はしないとおっしゃったため、個人的にネットで検索したところ最低でも5万以上の値がついており、極めて入手困難な書籍となっています

 


 

有賀ゆうさんの他の参考書としては、以前に紹介しました「図説超合格術大学合格のための学習プランと心理テクニック」があります。

「図説超合格術大学合格のための学習プランと心理テクニック」に関しては以下をご覧ください。(有賀ゆうさんの経歴や東大・京大ダブル合格の理由、「スーパーエリートの受験術」に表紙違いの改訂新版がある理由なども書いています。)

 

図説超合格術大学合格のための学習プランと心理テクニック ’95 有賀悠

 

関連記事

  1. 駿台文庫 思考する英文読解 入不二基義

  2. 旺文社 大学受験講座ラジオテキスト 1994年4月号~1995年2月号

  3. 駿台文庫 必ずワカる 英語の学習法 1986 伊藤和夫

  4. みすず書房 数学おもちゃ箱Ⅲ 1976 コルディエムスキー

  5. 東京書籍 スーパー講座 頻出英文法・構文 富田一彦 1997年発行

  6. 祥伝社 奇跡の入江塾方式 1980 入江伸

  7. 源氏物語特講ゼミ 代々木ゼミナール 1994 椎名守

  8. Z会 高校数学分野別ℵ(アレフ)シリーズ ベクトル 1988 土師政雄

  9. 旺文社 なべつぐのあすなろ数学Ⅰ 1987 渡辺次男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト紹介

絶版参考書博物館

主に大学受験の参考書や問題集、教材で絶版となった書籍を紹介しています。王道からマニアックな参考書まで毎週、著者や内容、時代背景とともに紹介します。

カテゴリー

カレンダー

2016年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

月別アーカイブ

運営サイト紹介

PAGE TOP