美誠社 新英語の構文150 1988 高梨健吉

今回紹介するのは「美誠社 新英語の構文150 1988 高梨健吉」になります。

新英語の構文150

新英語の構文150

著者は東京文理科大学英文科を卒業され日本英学史協会や慶応大学で講師をされていました高梨健吉先生です。

日本英学史学会で学術の研究を行われており、その活動の中で日本で初めて「日本事物誌」を訳されたことでも有名です。


はしがき部分です。

暗唱する上で大事なことは「内容を十分理解した上で暗唱する」ことだと書かれています。

分からない単語が出てきたら1つずつ丁寧に調べ、繰り返し行い基礎をしっかり身につけることで確実に実力アップできるとあります。

「読者のことを考え、どのように伝えたら良いか」を考えて作ったという本著は、「盲点をつく」コーナーに表れています。


本著は1969年に出版され、4度改訂版が出版されているほど人気の1冊です。

(画像は1991年の四訂版です。)

学生時代に勉強した本を買い直される方もいらっしゃるとか。

改訂版が出版される度にその年度にピッタリあった内容に更新されていきました。


改訂版含め50冊以上もの参考書を手がけられおり、学校指定の参考書にされるほどです。

高梨先生の手がけた参考書は受験のみでなく、その後のことも考えて作られているため実用性のも本書の特徴です。

1980年代から1990年まで受験戦争と言われていますが、そんな中で改訂を重ね現在でも好かれている参考書は珍しいのではないでしょうか。

関連記事

  1. 研文書院 解法のパターン 数学公式集 1989 三瀬茂利

  2. 毎日新聞社 サンデー毎日 5/23増大号 2004

  3. 学研 受験の達人ソクラテス 1993年大学入試必携版 大学合格者1000人の受験勉強術

  4. 現代数学社 数学の誕生(古代数学史入門) 近藤洋逸著 1977

  5. 有精堂 語源を中心とした英単語の力のつけ方 1976 小川芳男・前田健三

  6. “これでわかる”宮尾の英語 長文読解入門ゼミ 宮尾瑛祥

  7. 文英堂 シグマ・ベスト 解明英文法 1973 吉田正俊

  8. SEG出版 大学入試数学問題集 10日間の微積分 1998 光田義

  9. 朝日出版 どんな人でも必ず英語が読めるようになる これだけ英文法 1993 伊藤悟

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト紹介

絶版参考書博物館

主に大学受験の参考書や問題集、教材で絶版となった書籍を紹介しています。王道からマニアックな参考書まで毎週、著者や内容、時代背景とともに紹介します。

カテゴリー

カレンダー

2017年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

月別アーカイブ

運営サイト紹介

PAGE TOP