駿台文庫 奥井の英文読解 3つの物語-分析と鑑賞 1995 奥井潔

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

今回はこの書籍を紹介させていただきます。

1995年に駿台文庫より発行された「奥井の英文読解 3つの物語-分析と鑑賞」です。

著者は当ブログでも以前に2度紹介させていただいている受験の神様こと奥井潔先生です。

以前の記事で奥井先生について詳しく紹介していますので奥井先生をご存じない方は是非読んでみてください。

↓「駿台 CHOICE EXERCISES 奥井潔」の記事はこちらからどうぞ!↓

↓「大学入試英文読解のナビゲーター 研究社出版 奥井潔著」の記事はこちらからどうぞ!↓

今回紹介させていただく「奥井の英文読解 3つの物語-分析と鑑賞」は駿台の奥井先生が著した数少ない(二冊)参考書のうちの一つです。もう一つはさきほど以前の記事で紹介した「大学入試英文読解のナビゲーター」になります。

「大学入試英文読解のナビゲーター」は24編の短い英文とその解説によって構成されている本でしたが、「奥井の英文読解 3つの物語-分析と鑑賞」は下記の三人の作者の短編小説3篇で構成されています。

3篇とも先生のテキストを使った講義で扱われていた文献であり、先生が長年に渡り生徒を惹き付けていた講義を体験できます。英文構造の解説だけではなく行間を読む本物の解釈とはこういう事だという深い内容になっています。


では、内容の紹介に入らせていただきます。

まず、目次を見てみますとさきほど紹介したとおり3篇の短編小説で構成されていて、あとは「はじめに」と「あとがき」があるだけのシンプルな内容です。

はじめの触りの部分を見ていただきましたが、はじめから注釈や訳文にたよるのではなく自分で考え、思考力や感受性を高めて行ってほしいと書かれています。この部分を見ただけでも英語の勉強の為の参考書ではなく英文に内容がある参考書と言われてるのがわかります。

奥井先生の読解はこのように簡潔、丁寧に記載されておりとてもわかりやすいです。

あとがきは「cultureをめぐって」ということで文化について深い内容が書かれています。気になるかとは思いますがここは触りだけお見せしておきます。


内容は究極なまでに深い英文解釈ということで受験勉強からは離れた内容の参考書にはなりますが、この様な参考書は実力のある先生にしか書けません。

普通の受験勉強にあきた方や受験勉強を終えた大学生や社会人が時間をかけて英語の勉強をやり直すような時にお勧めの参考書ではないでしょうか。

といっても絶版になっており、現時点でアマゾンの中古価格も約3万円となかなか手が出せないのが残念です。復刊に期待したいところです。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

  1. 旺文社 なべつぐの楽しくつきあえる数Ⅰ 1984 渡辺次男

  2. 代ゼミ 伊達の速効 日本史最勝王 Part1 政治経済外交史/Part2 文化史テーマ史 2003 …

  3. 駿台文庫 大学入試 心理系の化学(下) 石川正明 1990

  4. 東進ブックス 永田達三の「英文法」に強くなる実況放送(上)(下) 1992 永田達三

  5. 旺文社 新高数ゼミ5 指数・対数・三角関数 1973 勝浦捨造

  6. 語学春秋社-数学講義の実況中継(上)-1986-秋山仁

  7. SEG出版 SEG数学シリーズ 複素数 1994 小島敏久

  8. 東京出版 大学への数学 東大入試 46年の軌跡 CD-ROM版 2004

  9. 旺文社 なべつぐのひける物理Ⅰ 1979 初版 渡辺次男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別アーカイブ

運営者

株式会社ブックスドリーム

株式会社ブックスドリーム

参考書・予備校テキスト、教科書・専門書・医学書を専門に買取・販売しています。 インターネットからの申し込みで全国送料無料で買取。ご希望の方には段ボール無料送付サービスもしています。

プロフィールを表示 →

運営サイト紹介

PAGE TOP