代ゼミ 総合英語 1・2学期 木原太郎

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

今回紹介するのは木原太郎先生の総合英語になります。


木原太郎先生はDominant Motionという手法を用いて英文を読み解いていかれます。

「Dominant Motion」は、文章の内容的にも一貫しているが、形式的にも一貫しているというのが主な概念です。

文法的に同一、位置的に同一、

構文的に同一ならば意味的に同一と考え、

文章の一貫性をたどっていく方法です。

いわば英語を現代文より精密に解いていく方法です。

さらには「Dominant Motion」の延長線上にある「Scrapping」という方法も用います。

「Scrapping」とは一貫した文章に対して問題作成者が問いを設定すると、問題文も一貫したものとなるというのが主な概念です。

問題文から文章の一貫性を導き出し、文章読解を助ける、もしくは、直接解答を導き出す。といったものになります。

この二つを使い問題を解いていく手順を教えるといった授業スタイルになります。

「Dominant Motion」と「Scrapping」を理解出来るようになれば、現代文にも通じるところがある為英語だけでなく現代文の点数も伸びるようになります。

当時から賛否両論あった手法ではあり、この辺りは代ゼミ時代の今井宏先生のパラグラフリーディングに通じますね。

 


木原先生は早稲田大学出身なのですが、慶大英語を主に担当されていました。

授業中の雑談等では慶応を褒め早稲田を罵る事もあったそうです。

早大の本科クラスでも早大を罵ってしまい、それに怒った早大志望の生徒がわざわざ講師室にいる木原先生にその手法や性格自体までを完全否定しにくることも日常化した時期があったほどです。

木原先生曰く、早稲田を罵る理由は「どんなに馬鹿にしても大好きな大学」だから。だそうです。


過去問データベースを駆使した正統派の授業が人気を博し、代ゼミサテラインが開始された当初からサテライン講師を務めた木原先生ですが、2015年には金沢中央予備校で週に一度講義を行われていたようです。

代ゼミでは現在も個別指導講師を務めています。

代ゼミ個別指導スクール 代ゼミプロ講師紹介


木原先生は実況中継シリーズも手がけており、「これ1冊あれば他は要らない」と評判になるほどの名著を執筆されています。


実況中継シリーズには以前にも紹介させていただきましたので、よろしければこちらも御覧ください。

 

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

関連記事

  1. 研文書院 大学への世界史の要点 1987 大久間慶四郎

  2. 東進 金谷俊一郎の表解日本史 1997

  3. 代ゼミ ルール無用のセンター数学≪勝利への秘策≫ 2002 冬期直前 今野和浩

  4. 代々木ゼミ方式 改訂版 山本の実戦的確率論 数学超特急シリーズ1

  5. 旺文社 特ゼミ 坂間の物理 1990 坂間勇

  6. 大学入試英文読解のナビゲーター 研究社出版 奥井潔著

  7. 旺文社 なべつぐのあすなろ数学 1976 渡辺次男

  8. 代ゼミ 今、君のためにできること 2002 冬期直前 佐々木和彦

  9. 駿台 日本史の盲点(戦国~江戸) 1994 冬期

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別アーカイブ

運営者

株式会社ブックスドリーム

株式会社ブックスドリーム

参考書・予備校テキスト、教科書・専門書・医学書を専門に買取・販売しています。 インターネットからの申し込みで全国送料無料で買取。ご希望の方には段ボール無料送付サービスもしています。

プロフィールを表示 →

運営サイト紹介

PAGE TOP